Home  /   ラ・ムスタッシュについて


ラ・ムスタッシュは、

お客様の「足が痛い!」や「足に合う靴がない!」等のトラブルの改善に、整形靴技術を駆使して「靴選びのアドバイス」から「インソールや靴の調整」までできる≪ 職人のいる靴店≫です。

宮城県塩竈市に店舗を構え、東北圏内外からのお客様のご相談を受けて、さまざまな靴の調整を行っております。外反母趾、ウオノメ、病気や怪我での足の麻痺や変形など様々なケースに対して、お客様の足の情報を確認して足の状態に応じた靴の調整、インソール(中敷き)の製作を行い、幼児からご年配者までお客様が「元気に歩く」ことをサポートしていきます。

ラ・ムスタッシュに出来る事

ci3

靴の選択
足に合った靴の選択及び販売と履き方のコンサルティングを行っています。
身体のトラブルを考慮しての靴選びの場合はご予約を頂いての相談を経て、次の段階に進みます。状態に応じてインソールが必要か? 靴の調整が必要か? を検討しますが、靴を替えることで問題を解決できそうな時は、靴の購入のみで暫らく様子を見ることにします。


靴の調整とインソールの製作
靴を替えて経過を観察の結果、あまり改善が見られないとき、又は、初見からインソールや靴の調整が必要と認められた場合は、様々なメニューの中から最良の方法や組み合わせを選択します。ここまで来ると単純に靴を購入するという事ではなくて、身体の状態との兼ね合いを図りながら経過を見てゆくという、気の長い取り組みになります。


靴の修理
靴の踵が!靴底が!磨り減ったから修理をするという事では無く、靴の持っている機能を維持するために修復を行うという風に考えることが大事です。どうせ靴底を直すのなら、勿体ないので限界まで履いてからお店にもって行こうと考えている方が、結構いらっしゃるのです。この間は、せっかくの靴の機能や調整の効果も台無し状態が続くのですから、考え方を変えなくてはなりません。


技術者プロフィール


toshio
只野 敏雄 / TADANO TOSHIO
ドイツ整形靴研究会(G.O.S.R) 会員
日本糖尿病リウマチ靴技術研究会
(JDR) 理事会員
日本整形靴技術者協会(IVO) 会員

「足・靴・快適な歩行」の関係を総合的に研究し、足のトラブルと靴の問題の相談を受け、消費者の足の立場にたってコンサルティングに努め、現在に至る。
尚、近年子供の足の問題について、医療機関や学校関係者からの相談を受けて数多くの症例を手がける。
平成 2年 有限会社 ラ・ムスタッシュ(足と健康靴の専門店) 設立
平成 3年 ドイツ整形外科靴マイスター K・H・ショット氏に師事し、ドイツ整形外靴の理論と技術を学ぶ。
平成 13年 11月 宮城県糖尿病臨床研究会に於いて「糖尿病足と靴」について講演
平成 15年 1月 日本外来小児科学会宮城県支部主催の勉強会に於いて「子供の足と靴」について講演
平成 15年 8月 第13回日本外来小児科学会年次集会に於いて「発達を支える靴選び」について講演
平成 17年 11月 松本歯科大学校友会宮城県支部学術講演会に於いて「人体のバランスを咬合から考えるか?足から考えるか?」について講演
平成 19年 2月 IVO学術大会に於いて「足底板製作時における工夫」を発表
平成 20年 4月 日本整形靴技術者協会(IVO)企画委員長に就任